イベントを読み込み中

« すべてのイベント

早朝バードウォッチング②

4月 29日 @ 6:00 AM - 7:30 AM

250円 – 500円
myokovc_28

いもり池周辺には多種多様な自然環境があるため、年間を通して約100種類の野鳥を観察することができます。

観察は野鳥が活発に活動する早朝がおすすめです。
早起きして野鳥の楽園を歩きましょう!

【日時】
4/21(日)・4/29(日・昭和の日)・5/4(日・みどりの日) 6:00~7:30

【集合】
妙高高原ビジターセンター 5時45分集合

【参加費】
500円(中学生まで半額)

【定員】
20名程度

【事前申込】
必要 前日の17:00までに要申込み
(定員に達していない場合は当日参加も可能)

【持ち物】
動きやすい服装・タオル・帽子・靴・雨具・飲み物など、双眼鏡(無料レンタルできますが、数に限りがあります。)


ビジターセンター(博物展示施設)は、国立公園や国定公園を訪れる利用者に対し、その公園の自然や人文について分かりやすく展示解説するとともに、利用指導や案内を行い、自然保護思想の高揚を図るための中心施設です。

妙高高原ビジターセンターでは、妙高の生息動物や植物や地形・地質などの自然に関する知識、あるいは、その地域の文化や歴史、くらしについて興味をもって理解できるよう、ジオラマや模型、写真パネル、標本、映像などにより分かりやすく展示解説しています。

ビジターセンターは公設、私設を問わず、国立公園に88ヶ所、国定公園に23ヶ所設置されています。ここで得た知識や情報を手に、大自然のなかにくりだしてみよう!

(指定日:平成27年3月27日)

妙高戸隠連山国立公園は、新潟、長野の2県の県境に位置し、妙高市・糸魚川市・長野市・小谷村・信濃町・飯綱町の6市町村にまたがっています。

39,772ヘクタールと面積は小さいながらも個性的な山容の山々が密集し、山麓に点在する高原や、野尻湖等の湖沼が一体となった独特の景観が大きな魅力です。妙高高原ビジターセンターのあるこの妙高地域では、別名「越後富士」とも呼ばれる標高2454mの『妙高山』がこの地域の核となる代表的な山です。
外輪山が取り巻く均整のとれた山容は気品と量感を感じさせる名峰、古くから山岳信仰の対象でした。

センターのとなりにある『いもり池』では、妙高山の姿を最も美しく見ることのできるスポットとして、また周辺に広がる湿原にはミズバショウをはじめ春から秋までたくさんの花が途切れることなく次々咲き乱れ妙高を訪れる方が必ず立ち寄る人気の場所です。

そしてもう一つ、妙高地域で非常に重要な山が、妙高山のとなりにある『火打山』です。
ゴツゴツした男性的な前述の妙高山に比べ、こちらはゆったりとした山腹の女性的な山容で、その標高は2462m、新潟県の最高峰小蓮華山に次ぐ標高を誇ります。国の天然記念物「ライチョウ」の最北端・最小群の生息地で、雷鳥平とつけられた稜線ではしばしばその姿を見ることができます。
また花の山としても名高く、高谷池や天狗の庭などの高層湿原を中心にハクサンコザクラやミョウコウトリカブトなど高山植物の素晴らしい群落をみることができます。
何度登っても飽きることのない懐の深さと登山者を魅了するおおらかさを持った火打山。
その美しさは「天上の楽園」とも比喩されています。

利用者は、富士箱根伊豆、瀬戸内海に次いで多く、登山やハイキング、キャンプ、スキー、林間学校、温泉など季節を問わず利用されています。

詳細

日付:
4月 29日
時間:
6:00 AM - 7:30 AM
参加費:
250円 – 500円
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
, ,
Web サイト:
http://www.myokovc.jp/

その他情報

イベント開催エリア
上信越・北陸
定員
20名
対象年齢
幼児, 小学生 , 中学生・高校生, 大人, シニア
主催者
妙高高原ビジターセンター
開催場所
集合:妙高高原ビジターセンター
開催場所住所
〒949-2112 新潟県妙高市関川2248-4 (池の平 いもり池)
お問い合わせ先
TEL/FAX:0255-86-4599
応募方法
事前申込:必要 前日の17:00までに要申込み(定員に達していない場合は当日参加も可能)
備考
持ち物:動きやすい服装・タオル・帽子・靴・雨具・飲み物など、双眼鏡(無料レンタルできますが、数に限りがあります。)