イベントを読み込み中

11月4日(日)9:30~12:30 ※9:00から受付開始
彦名・水鳥ふれあい中海ウォーキング大会
内容:粟嶋神社から水鳥公園周辺の中海湖岸約5.5kmを歩きながら、
   チェックポイントのクイズに答えます。
   ウォーキング終了後、クイズの答え合わせと景品のプレゼント、
   豚汁とご飯の炊き出しがあります。
対象:長距離歩ける方ならどなたでも・当日受付(参加無料)
集合:彦名二区公民館
主催:彦名校区自治連合会・公益財団法人中海水鳥国際交流基金財団
※とっとり県民カレッジ連携講座

米子水鳥公園がある中海周辺は、国内で確認された野鳥のうちおよそ42%の種類が記録されており、山陰屈指の野鳥の生息地です。その東端にある米子水鳥公園は、広さ約28haを誇る水鳥のサンクチュアリ(保護区)で、水鳥の生息にとって最も重要な場所のひとつです。
米子水鳥公園にいるコハクチョウは朝方に公園を飛び立ち、島根県安来市の水田地帯(安来平野)へ行って落ち穂や草の根を食べます。そして、夕方になると帰ってきます。米子水鳥公園は、コハクチョウにとっては「家」のような、大切な環境なのです。
 他にも米子水鳥公園では、冬はカモ類やサギ類・国の天然記念物であるマガン・ヒシクイ・オジロワシなどが毎年観察されています。夏は、水鳥の子育て(カイツブリ・カルガモ・バン)、オオヨシキリ、ツバメ、たくさんのイトトンボなどが観察できます。
 このように、一年を通じて、水鳥をはじめ様々な生き物達の営みを観察できる貴重な湿地となっています。
また、米子水鳥公園は、この希少な環境が市民運動によって守られ、中海の一部としてラムサール条約に登録されたことをうけ、市民と共に自然を守り育てていく施設として運営しています。そのため、環境教育のイベントを行うだけでなく、来館者への対面解説を行ったり、ボランティアの方々に環境管理へ参画していただくなど、CEPAに従った湿地管理を進めています。また、湿地環境を受け継いでいく次世代の育成にも取り組んでいます。