イベントを読み込み中
このイベントは終了しました。

お子さんとその保護者を対象として開催する野鳥観察会です。観察のマナーやルールを解説し、鳥を探す練習をしてから、公園へ出かけます。池で冬を過ごすコガモ、林の枝を渡っていくシジュウカラなど、子どもでも親しみやすい鳥たちが多いこの時期は、子どもたちが「鳥を観察する楽しみ」を体験する絶好のチャンスです!

日時:2018年11月14日(水・県民の日) 10:00~11:30
対象: 子どもとその保護者(小学生以下は保護者同伴)
定員: 各回20人
申込: 前月の第1土曜日(11/14開催分は11/1)の朝9時から、電話または来館にて受付
費用: 無料
雨天の場合:中止です

【お問い合わせ】
〒364-0026 埼玉県北本市荒井5-200
埼玉県自然学習センター
Tel: 048-593-2891
Fax: 048-590-1039
Email:kitamoto@saitama-shizen.info

北本自然観察公園は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年(平成4年)7月にオープンし、32.9haの広さがあります。 隣接する荒川の河川敷につくられた「荒川ビオトープ」と共に、野生の生きものの生息場所として重要な役割を持っています。
 タカの仲間やキツネを「目標種」とし、それらが繁殖できる環境が適切に保たれるように公園の管理を進めています。

 園内には、北本市の天然記念物「エドヒガンザクラ」があり、ソメイヨシノよりも1週間ほど早く毎年3月中~下旬に開花します。 また、近隣にある東光寺の境内には、国の天然記念物に指定されている「石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)」があります。

公園内の施設としては、埼玉県自然学習センターのほか、トイレ、駐車場(約100台)、非常用設備(貯水槽・井戸)があります。センターを出発して園内を歩く大回りコース(センター~あずまや~一夜堤~桜堤~とんぼ池(標柱11番)~台地の草原(標柱16番)~センター)は、一周約2kmです。