イベントを読み込み中

実験や体験をとおして、自然のめぐみやわたしたちの生活について考えます。公園にある自然の素材を使ってものづくりをしたり、自然や環境問題をテーマに実験を通して学んだりするイベントです。

日時: 2018年5月~翌3月の奇数月(5、7、9、11、1、3月)の第2土曜日 10~12時、14~16時の2回。
対象: 小学3年生以上(小学生は保護者同伴)
定員: 各30人(先着順)
申込: 前月の第2土曜日の朝9時から、電話または来館にて受付(先着順。FAX、メールは不可)
費用: ひとり100円
雨天の場合:雨でも開催します

saitama-shizen17

【平成30年度年間予定】
2018年5月12日「泥を使って染めもの体験」
2018年7月14日「身近な異世界♪ 顕微鏡写真を撮ってみよう」
2018年9月8日「公園の草木で 紙を作ろう」
2018年11月10日「燃焼の科学と 花炭作り」
2019年1月12日「鳥から学ぶ 飛行機作り」
2019年3月9日「光で遊ぼう! 太陽光と虹色のひみつ」

saitama-shizen11

【お問い合わせ】
〒364-0026 埼玉県北本市荒井5-200
埼玉県自然学習センター
Tel: 048-593-2891
Fax: 048-590-1039
Email:kitamoto@saitama-shizen.info

北本自然観察公園は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年(平成4年)7月にオープンし、32.9haの広さがあります。 隣接する荒川の河川敷につくられた「荒川ビオトープ」と共に、野生の生きものの生息場所として重要な役割を持っています。
 タカの仲間やキツネを「目標種」とし、それらが繁殖できる環境が適切に保たれるように公園の管理を進めています。

 園内には、北本市の天然記念物「エドヒガンザクラ」があり、ソメイヨシノよりも1週間ほど早く毎年3月中~下旬に開花します。 また、近隣にある東光寺の境内には、国の天然記念物に指定されている「石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)」があります。

公園内の施設としては、埼玉県自然学習センターのほか、トイレ、駐車場(約100台)、非常用設備(貯水槽・井戸)があります。センターを出発して園内を歩く大回りコース(センター~あずまや~一夜堤~桜堤~とんぼ池(標柱11番)~台地の草原(標柱16番)~センター)は、一周約2kmです。